バリアフリーをつくる

Front Cover
岩波書店, 1998 - 248 pages
駅のエレベーターやスロープ、段差のないトイレ、食べ物をすくいやすい皿やスプーン―街や室内でバリアフリーデザインに出会うことが多くなった。障害をもつ人や老人にはもちろん、バリアフリーの物と考え方は、私たちだれにとっても必要なものだ。日常の道具から街づくりまでを実践してきた著者が、その現段階と今後の展望を語る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information