アメリカIT多国籍企業の経営戦略

Front Cover
ミネルヴァ書房, 1999 - 251 pages
今日、情報技術革命は世界的規模で進み、この最先端をゆくのがアメリカである。そしてこれを推進しているのがクリントン政権とアメリカ多国籍企業である。本書は、この情報技術革命がいかに推進され、いかなる問題をグローバルに提起しているかを明らかにする。クリントン政権の情報スーパーハイウェイとIT戦略の実態を捉え、産業構造の変化の中で行われるリストラと専業企業化の流れ、日米IT企業の棲み分けの競争と協調を探求し、サービス・ソフト貿易の覇権を強めつつあるアメリカと今後の国際戦略の行方を見据えた最新の情報技術革命研究。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information