フロイト全著作解説

Front Cover
人文書院, 2005 - 516 pages
イギリスの精神分析家ジェームズ・ストレイチーは、ジークムント・フロイトの精神分析論文のすべてを、20世紀半ば、その強い使命感と言語力をもって、ほとんど独りで英訳することに挑んだ。部分的にはフロイト自身の訂正と校閲も受け、多くの人々の協力を得て完成した全集は、スタンダード・エディションとして、フロイト理解の飛躍的深化を国際的レベルで可能にする画期的なものとして今なお輝きを放っている。全23巻の解説部分を全訳し、その過程で最新の知見と情報を豊かに盛り込んだ、フロイト研究の精鋭による渾身の翻訳成果。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information