日本国憲法と「法の支配」

Front Cover
有斐閣, 2002 - Administrative law - 308 pages
「個人の尊重」の実現手段としての「法の支配」理念の再考・再興を試みるとともに、「統治客体意識から脱却した自律的個人」を基軸に据えて、近年の一連の改革を捉える視座を提供する。『現代国家と司法権』に続く、待望の論文集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information