収容所での覚醒民主主義の堕落

Front Cover
高木書房, Feb 25, 2012 - 247 pages
収容所で真実に覚醒したソルジェニーツイン。民主主義国にいながら独裁者の正体を見抜けなかった知識人。ファシズムに文芸復興の夢を見たエズラ・パウンド。戦争と革命、そして収容所の時代を生きた人々の言葉を通じて新たな思想の地平線をめざす評論集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information