砂のゲーム: ぼくと弟のホロコースト

Front Cover
裕福なユダヤ人医師の家に生まれたウーリー・オルレブと弟は、第二次世界大戦勃発後、まずゲットーに隔離され、母親が殺されたあとポーランド人区に逃れてかくまってもらい、それから二十二か月をベルゲン・ベルゼン強制収容所で過ごした。どんなときにも空想と冒険の心を持ちつづけ、ホロコーストの時代を生きた兄弟の物語。国際アンデルセン賞受賞作家の自伝的名作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information