ヨーロッパからみた太平洋

Front Cover
山川出版社, 2004 - 89 pages
太平洋の島々を彩る楽園のイメージはどこからきたのか。十八世紀から二十世紀にかけて太平洋を舞台に繰り広げられた「探検」「植民地化」「キリスト教化」「観光化」。そのなかで、西洋と太平洋との関係も変化してきた。欧米の側が太平洋諸島にたいして形成してきたイメージの変遷を明らかにするとともに、それらをメディア史との関連で歴史的に位置づけてみよう。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information