井上清史論集

Front Cover
岩波書店, Feb 17, 2004 - Emperors - 325 pages
昭和天皇裕仁の戦争責任は明白である―天皇制の解明が日本社会の本当の民主化へ通ずるという問題意識から研究を進め、信頼できる史料に拠って中国侵略戦争から対米英戦争、敗戦に至る過程での昭和天皇の役割を明らかにし、その実像をリアルに描き出した。この問題を考える際の最も基本となる文献。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information