XPエクストリーム・プログラミング入門: ソフトウェア開発の究極の手法

Front Cover
ピアソンエデュケーション, 2000 - 190 pages
本書はXPの背後にある考え、XPの根(ルーツ)、哲学、ストーリー(物語)、神話について述べられている。読者のプロジェクトにXPを使用するかどうか判断する手助けになることを意図している。読者が本書を読んで、プロジェクトにXPを使わないという判断を下したとすれば、それはプロジェクトにXPの採用を決めた場合と同様に私の目標は達せられたことになる。本書のもうひとつの目標はXPをすでに使っている読者に、XPをよりよく理解してもらうことである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information