角運動量の基礎理論

Front Cover
みすず書房, 1971 - 246 pages
本書では、角運動量の理論が初等的に解説されており、また比較的常識化している量子力学の知識との融和を試みている。原子物理学、核磁気共鳴、原子核の構造と反応、素粒子の相互作用や分類など、物理学の広範な分野に適用されている数学的方法を理解するための入門書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information