魚と日本人: 食と職の経済学

Front Cover
岩波書店, 2016 - Fish as food - 230 pages
漁師、卸、仲買人、鮮魚店、板前など多くの「職人」によって支えられている日本独自の魚食文化。しかし、魚の消費量が減り、流通のあり方も変わってきている。日本各地の漁港や市場を歩いて調査を重ねてきた著者が、現場の新たな模索とともに魚食と魚職の関係を再考し、「食べる人」の未来に向けてのかかわり方も提言する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information