歴史学事典 12 王と国家

Front Cover
黒田日出男
弘文堂, 2005 - 794 pages
『王と国家』と名付けられた本巻は、歴史学事典の骨格となるべき巻の1つであり、政治史の諸概念を中心とした巻である。「王と国家」をめぐる豊穣・豊饒な概念・用語の世界を、次の四つの枠組みでとらえ、それぞれをさらに四つずつ下位分類して把握・記述することを意図した。(1)国家と政治、(2)王と王権、(3)官僚と行政、(4)文化の脈絡。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information