フランス戦間期経済史研究

Front Cover
日本経済評論社, 1999 - 382 pages
巨大企業の抬頭から経済恐慌、戦争へと至る、激動期におけるフランスの、個別企業の生産性向上や合理化、産業全体の組織化や合理化の問題を実証的に分析。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information