欠損歯列の臨床評価と処置方針

Front Cover
医歯薬出版, 1998 - 189 pages
本書は、著者が診療室のなかで経験した欠損歯列の患者記録です。日常の臨床のなかで何を見、何を感じ、そしてどう対応してきたかという経験談であり、一種の備忘録です。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information