買春する帝国: 日本軍「慰安婦」問題の基底

Front Cover
岩波書店, 2019 - 264 pages
性買売に関する世界的傾向がどのように受け止められて日本独自のシステム・構造がつくり出されていったのか―明治政府が違法としたはずの人身取引(人身売買)によって支えられていた近代日本の公娼制が、帝国の形成、拡大とともに変容し、最終的に日本軍「慰安婦」制度を生み出すに至るまでの歴史をたどる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information