オバマ政権はアメリカをどのように変えたのか: 支持連合・政策成果・中間選挙

Front Cover
東信堂, 2010 - 238 pages
2008年、オバマ大統領誕生の背景には、イラク問題、金融危機はじめ、解決の兆しの見えない政治・社会状況に対する、とめどない不安と苛立ちがあった。オバマにはこうした状況の一新―“チェンジ”が強く求められたのだ。だが期待の大きさは落胆の著しさと裏腹だ。いま“失速”の声が俄然高まる中、オバマはいかなる政策と手法で課題解決に挑むのか?本書は、政権初動の政治運営と政策成果を分析し今後を展望する、的確な中間評価である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information