インビジブルハート: 恋におちた経済学者

Front Cover
日本評論社, 2003 - 304 pages
ワシントンDCにあるエリート高校で経済学を教えるサム・ゴードンは、政府による規制は有害であり、人類は自由な経済市場のもとでこそ繁栄すると信じている。一方、同僚のローラ・シルバーは、ウォールストリートジャーナルよりもワーズワースを好む文学者。政府は、消費者や労働者を市場の暴挙から守るべきだと考えている。この二人をめぐる物語と並行して、政府監視機関のリーダー、エリカ・ボールドウィンの正義の実現に向けた闘いが展開される。この二つのドラマはどう結びついているのか?エリカは、冷酷なCEO、チャールズ・クラウスの不正を暴くことができるのか?辞職に危機に追い込まれたサムに打開策はあるか?ローラはアダム・スミスを崇めるような男を愛せるか?その答えが明らかになるとき、あなたはビジネスや市場がいかにしてわれわれの生活を変えていくのかを学ぶことになるだろう。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information