生体リズムの動的モデルとその解析: MEと非線形力学系

Front Cover
川上博, 日本エムイー学会
コロナ社, 2001 - 158 pages
生物や生体が織りなすリズム現象をマクロな立場から、適切な数式モデルを作って解析し、現象のある側面を説明しようという試みがある。本書ではこのようなテーマを取りあげ、適切なモデルとその解析に関する具体例を示した。これらの事例をとおして、リズム現象のモデル作り、その解析やリズム生成のメカニズムの解釈等について、力学的接近法(すなわち動的接近法)を述べた。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information