憲法解釈の論点

Front Cover
日本評論社, May 25, 2000 - Civil rights - 246 pages
憲法は、法(法律)と政治の接点にあるといえる。たしかに、法学(法律学)と政治学のおもなちがいは、法か政治かという対象のちがいに示される。しかし、それとともに、同じ対象(たとえば環境問題)を法学、政治学その他のうちどの視点(切り口)でみるか、という形で視点のちがいに注目することもできる。本書においては、おもに日本国憲法に対して、政治学的にではなく法学的に光をあてている。新版は、増刷の機会ごとに補訂を重ねてきたが、このたび、その箇所が多くなったので第三版とすることになった。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information