福田恆存評論集, Volume 6

Front Cover
麗澤大学出版会, Mar 20, 2009 - 372 pages
日本語が本來の機能を正確に、美しく發揮するには如何にあるべきかを説く、不朽の名著。著者自ら「私が書くほかのものを讀まなくてもいいから、これだけは讀んでいただきたい」と記した標題作の他、「國語問題と國民の熱意」「世俗化に抗す」など6篇を收録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information