図解内臓の進化: 形と機能に刻まれた激動の歴史

Front Cover
講談社, 2014 - Organs (Anatomy) - 284 pages
呼吸器、消化器、泌尿器、生殖器、内分泌器で構成される内臓は、私たちの体の大部分を占め、生きてゆくために不可欠なものである。これらは、いつからこんな形になったのだろう?なぜこれほど巧妙な機能が備わったのだろう?そこには動物たちが海から陸へ、肉食から草食へと生活様式を激変させてきた痕跡が刻まれている。膨大な数の解剖・観察を経験してきた著者が豊富で詳細な図版から読み解く内臓の思想と戦略!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information