21世紀社会変動の社会学へ: 主権者が社会をとらえるために

Front Cover
新曜社, 2020 - 186 pages
グローバル化し激変する21世紀の世界と日本を把握し、主権者として社会の変え方を考えていくための社会学とは?21世紀社会の一次構造をまずとらえ、その概要を把握したうえで、平和、食、知の共同性を基礎に、格差を克服しつつ、地球環境に親和的で身体的多様性を許容する、社会システム形成のための主体を追究する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information