夏の栞: 中野重治をおくる

Front Cover
講談社, Jul 9, 2010 - 220 pages
一九七九年八月、作家中野重治が逝去した。中野重治に小説家として見出された佐多稲子は、この入院と臨終に至るまでの事実を、心をこめて描いた。そして五十年に亘る、中野重治との緊密な交友、戦前、戦中、戦後と、強いきずなで結ばれた文学者同士の時間を、熱く、見事に表現した、死者に対する鎮魂の書。毎日芸術賞・朝日賞を受賞した、感動の文学作品。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information