世界の環境問題, Volume 10

Front Cover
緑風出版, Oct 20, 2014 - Environmental policy - 683 pages
明治の産業革命期には足尾鉱毒事件、戦後高度成長期には水俣病、新潟水俣病、四日市ぜんそく、イタイイタイ病の四大公害事件が起こるなど、企業優先の産業政策は深刻な公害病を全国で引き起こした。コンビナートや自動車によって大気が汚染され、光化学スモッグが起きたり、大規模開発による埋立ては、自然海岸をコンクリート化し、豊かな自然を破壊した。そして、福島第一原発事故は未曾有の放射能汚染をもたらした。本書は、これらの事件を追い、被害者などの闘い、日本の立法、行政、司法の対応の問題点を浮き彫りにした日本の環境・公害史の総括。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information