ドゥルーズ/ガタリの現在

Front Cover
小泉義之, 鈴木泉, 檜垣立哉
平凡社, 2008 - 722 pages
没後十年余りを経て、古典化の動きが著しいドゥルーズ/ガタリ。空疎な権威化や瑣末な文献学化という負の側面をはらみながらも、彼らの思考の引き延ばし、よりよき汎用化は着実に進行している。その哲学的・思想的到達点を測定すべく三十人超の研究者が協働、これからのD/G研究の出発点をしるす意欲的な論集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information