安全保障: 戦後50年の模索

Front Cover
読売新聞社, Jul 22, 1997 - Japan - 382 pages
敗戦の後、日本人は「何を」守ろうと安保論議、憲法論争を重ねてきたのか。非戦の「神学」に始まり、対米関係と国内政治の葛藤の中で決定された「戦略」は、はたして真の意味の「安全保障」でありえたのか―。この一冊に、50年余の模索の果ての「沖縄」問題を解くカギがある。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information