現代仏教論

Front Cover
新潮社, 2012 - Buddhism - 239 pages
震災、高齢化、自殺者増...、多死社会の到来を目前にして、この国はなすすべもなく立ち竦んでいる。これまで問題を封印してきたツケが一気に回ってきたのだ。我々はいかに死者と対峙すべきか―。その智慧は仏教にある。ブッダの時代以来、死者と関わり続けてきた仏教が現代に果たすべき役割は小さくない。震災と仏教、死者供養の原点、業と輪廻、仏教離れの本当の理由など、死者の問題を中心に現代仏教を問い直す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information