天災から日本史を読みなおす: 先人に学ぶ防災

Front Cover
中央公論新社, 2014 - Earthquakes - 221 pages
豊臣政権を揺るがした二度の大地震、一七〇七年の宝永地震が招いた富士山噴火、佐賀藩を「軍事大国」に変えた台風、森繁久彌が遭遇した大津波―。史料に残された「災い」の記録をひもとくと、「もう一つの日本史」が見えてくる。富士山の火山灰はどれほど降るのか、土砂崩れを知らせる「臭い」、そして津波から助かるための鉄則とは。東日本大震災後に津波常襲地に移住した著者が伝える、災害から命を守る先人の知恵。

What people are saying - Write a review

Review: 天災から日本史を読みなおす - 先人に学ぶ防災 (中公新書)

User Review  - ミル - Booklog

2015/06/20 Read full review

Bibliographic information