小説の認識

Front Cover
岩波書店, 2006 - 303 pages
『小説の方法』の続編。『方法』で組織的に展開した考察、分析をよりいっそう個別に深化、発展させた11篇の評論から成る。「組織と人間」など社会と人間の関係への新たな視座も生まれ、読みごたえのある刺激的な評論集となった。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information