昭和45年11月25日: 三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃

Front Cover
幻冬舎, 2010 - Authors, Japanese - 284 pages
昭和45年11月25日、三島由紀夫、自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹、介錯される―。一人の作家がクーデターに失敗し自決したにすぎないあの日、何故あれほど日本全体が動揺し、以後多くの人が事件を饒舌に語り記したか。そして今なお真相と意味が静かに問われている。文壇、演劇・映画界、政界、マスコミの百数十人の事件当日の記録を丹念に拾い、時系列で再構築し、日本人の無意識なる変化をあぶり出した新しいノンフィクション。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information