映画大臣: ゲッベルスとナチ時代の映画

Front Cover
白水社, 2009 - 562 pages
ゲッベルスの日記を克明に検証しつつ、その天才的なメディア戦略を浮き彫りにする画期的な労作。映画製作や検閲の実態、権力闘争で揺れるその人間像等に多角的に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information