21世紀の国際法秩序: ポスト・ウェストファリアへの展望

Front Cover
東信堂, 2011 - 309 pages
19世紀西欧のウェストファリア体制すなわち主権国家本位の世界統治形態は、今日のグローバル化の中、大量破壊兵器、環境問題、民族紛争等、変わらぬ国家エゴの下いたる所齟齬をきたしている。この現状刷新を求めて本書は、国連等諸国際機関とその活動を批判的に考察するとともに、特に国境を越えて正義の実現をめざす市民の活動に着目し、国家間の法としての「国際法」から新たな地球市民の法「地球法」への出発点として分析・評価する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information