オンリー・コネクト...: イタリア・ルネサンスにおける美術と観者

Front Cover
ありな書房, 2008 - 514 pages
ドナテッロにチェッリーニ、ミケランジェロにレオナルド、ラファエッロにコレッジョにティツィアーノ、これらルネサンスの美術家が駆使した、自らの作品/虚構空間と観者のいる外部/現実空間との識閾を溶融し、観者を自らの作品の外にいて機能する登場人物として作品の中に組みこみ、さらには彼らを共働させて作品の企図/存在意義を完成させるという、驚くべきイデア/構想をみごとに読解する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information