幾何の魔術: 魔方陣から現代数学へ

Front Cover
日本評論社, Aug 30, 1999 - 137 pages
本書は魔方陣を軸にしながら、現代数学を構成するパーツである体の理論、整数論、射影幾何学、組合せ理論などに親しんでいただくことをもねらいとしています。さらに、このような数学理論が、通信の際の基本となる符号理論、科学実験の基礎となる実験計画法など、現実の社会にも応用されていることを見てみたいと思います。論理的思考の産物である射影幾何学などが、このような現代的課題にあざやかに応用される様は、まさに魔術とよぶにふさわしいものがあります。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information