鶴見俊輔と希望の社会学

Front Cover
世界思想社, 2001 - Philosophers - 253 pages
戦後知識人のひとつの形。「マゾヒスティックな知識人」鶴見俊輔の視線の先には、日常を生きる「ふつうの人びと」の姿があった―「仮託の思想家」鶴見俊輔の軌跡をたどり、戦後日本の知識人の形を描き出す。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information