自由の思想史: 市場とデモクラシーは擁護できるか

Front Cover
新潮社, 2016 - Economics - 239 pages
自由は本当に「善きもの」か。市場経済が暴走し、民主主義が機能不全に陥るのは、自由が足りないせいか、それとも過剰なせいか。古代ギリシア、古代ローマ、中世ヨーロッパ、啓蒙時代の西欧、近代日本、そして現代グローバル社会...経済学者の視点から、古今東西の歴史と思想を行き来し、人間精神の自由、政治経済体制としての自由のあり方を問う。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information