雲の理論: 絵画史への試論

Front Cover
法政大学出版局, 2008 - 410 pages
中世から19世紀末に至るまで「雲」は西欧絵画の空にとりつき、描写のモティーフというより絵画記号論の一要素として多義的な役割を演じてきた。「雲」という一連の記号表現の機能を、絵画史の観点から明らかにする。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information