水のかたち, Volume 1

Front Cover
集英社, 2012 - Japanese fiction - 329 pages
東京の下町で暮らす平凡な主婦、能勢志乃子。50歳の誕生日に、近所の古い喫茶店で、年代ものの文机と茶碗と手文庫を貰い受ける。後日、その茶碗の驚くべき価値が判明して、志乃子は骨董の世界に足を踏み入れていく。予期せぬ出会いと友情が引き寄せる、新たな人生の喜び―生の希望に満ちた、傑作長編小説。

What people are saying - Write a review

Review: 水のかたち 上

User Review  - ___chiharu - Booklog

[2013.03.15] Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information