考古学と人類学

Front Cover
馬場悠男
同成社, Dec 25, 1998 - Anthropology - 191 pages
本書の目的は、考古学者が人骨をどのように取り扱えばよいかに関し、具体的な方法を略説することである。すなわち、発掘現場において人骨をどう取り上げるか、あるいは人骨を鑑定・研究依頼する際や保管に当たって何を注意すべきかを示してある。同時に、人骨専門家つまり人類学者とどのように付き合うか、あるいはどのように援助を要請するかも説明してある。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information