エスノ・サイエンス

Front Cover
寺嶋秀明, 篠原徹
京都大学学術出版会, 2002 - Ethnoscience - 291 pages
いかなる人間集団も、エコロジーのベースとしてのサイエンスをもつ。すなわち、みずからの生きる世界を認識し、彼我の関係をうち立て、よりよく生きるための知の体系である。この意味におけるエスノ・サイエンスは、分解され抽象化され、形骸化した知ではない。人間の生とともにあり、種々の行為を通じて統合された形であらわされる知である。本書では、さまざまなフィールドにおいて、人々の肉体・作品・生活・生態をとおして具体的に語られる知の体系を提示する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information