数学が経済を動かすドイツ企業篇

Front Cover
G.‐M. グロイエル, R. レンメルト, G. ルップレヒト
シュプリンガージャパン, Oct 17, 2009 - Keiei sūgaku - 206 pages
ドイツの博物学者であり近代地理学そ祖とよばれているアレキサンダー・フォン・フンボルトは、一見意外な言葉を残しています。「数学こそ、すべての産業の核である」この言葉から今日まで約200年、ドイツは科学・技術・産業において飛躍し、世界を牽引してきました。本書では世界で注目されているドイツの大企業・組織のトップ20人が、“我が社で数学が重要な理由”を語っています。強い企業は、なぜ数学を大切にしてきたのでしょうか?ドイツ連邦議会は2008年を「数学年」と定めてキャンペーンを行いました。本書はその年にドイツ語で出版された原著からの邦訳です。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information