天来の美酒/消えちゃった

Front Cover
光文社, 2009 - 308 pages
故郷の酒蔵で見つけた一本の麦酒で人生が急変する男を描く「天来の美酒」。車で旅する夫婦と友人が大きな街で一人、また一人と消えていく「消えちゃった」。生涯、短篇小説を中心に執筆し続けた「短篇の職人」コッパードが練達の筆致で描いた珠玉の11篇。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information