日本人のアジア観の変遷: 満鉄調査部から海外進出企業まで

Front Cover
勉誠出版, 2012 - East Asia - 201 pages
戦前からバブル崩壊に至るまで私たちはアジア世界をどのように見てきたのか。日清・日露戦争以来の「伝統的アジア学」と太平洋戦争期の「新アジア学」の相克と変遷をだとり、戦後の企業の海外展開と国際化のなかで変化していった日本人の対アジア意識を探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information