一汁一菜でよいと至るまで

Front Cover
新潮社, 2022 - 240 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
料理に失敗なんて、ない―レストランで食べるものと家で食べるものとを区別し、家庭では簡素なものを食べればよい、という「一汁一菜」のスタイルを築いた料理研究家・土井善晴。フランス料理、日本料理の頂点で修業を積んだ後、父と同じ家庭料理研究の道を歩む人生、テレビでおなじみの笑顔にこめられた「人を幸せにする」料理への思い、ベストセラー『一汁一菜でよいという提案』に至るまでの道のりを綴る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information