東ドイツ農村の社会史: 「社会主義」経験の歴史化のために

Front Cover
京都大学学術出版会, 2011 - 688 pages
第二次大戦後東ドイツでの15年間の土地改革と農業集団化の経験を、戦後ドイツ人難民問題に絡めつつミクロ史的に分析。今日の農業社会形成を歴史的に跡づけ、新たな戦後史像の構築を目指す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information