資本の世界史: 資本主義はなぜ危機に陥ってばかりいるのか

Front Cover
太田出版, Oct 27, 2015 - 338 pages
資本主義はイングランドの片田舎で偶然生まれ、その後幾度もの危機に直面してきた。にもかかわらず、いまや資本主義はわれわれの世界を規定さえしているように見える。しかしそれはほんとうだろうか。資本主義の寿命はどのあたりまできているのか。多くの危機はその欠陥によるものなのか。ドイツの気鋭経済ジャーナリストが歴史から資本主義の輪郭を浮かび上がらせる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information