東南アジアから見た近現代日本: 「南進」・占領・脱植民地化をめぐる歴史認識

Front Cover
岩波書店, 2012 - Indonesia - 369 pages
日本と東南アジアのあいだの戦前・戦中・戦後関係史を、それぞれ「南進」「占領」「独立と脱植民地化」をキーワードにしながら、いまなお決着していないアジアの近現代史をめぐる歴史認識問題に一石を投じる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information