ゲージ場の理論

Front Cover
岩波書店, Mar 15, 2001 - 256 pages
本書では、場の古典論および量子論における対称性の理論という観点に立って、ゲージ場の理論の統一的な記述を試みる。ゲージ場の量子化、くり込みとくり込み群、対称性の自発的破れと量子的破れ(アノマリー)といった諸問題を、素粒子論の実際の問題と結びつけながら議論した。カイラルなゲージ理論を一般化されたPauli‐Villars正則化で定義する試みを、補章を設けて紹介した。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information