若者よ、マルクスを読もう: 20歳代の模索と情熱

Front Cover
角川学芸出版, 2013 - 237 pages
読めば頭がよくなった気になる、世界の見えかたがガラッと変わる!マルクスを「万難を排してでも読むに値する思想家」と絶賛する哲学者と、正統派のマルクス経済学者が、青年期の代表作を徹底読解。『共産党宣言』『ユダヤ人問題によせて』『ヘーゲル法哲学批判序説』『経済学・哲学草稿』『ドイツ・イデオロギー』を取り上げ、その読みかたと現代にも通じる魅力を分かりやすく紹介する。知的な刺激に満ちた、極上のマルクス入門!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information