線虫: 究極のモデル生物

Front Cover
飯野雄一, 石井直明
シュプリンガーフェアラーク東京, Oct 16, 2003 - 182 pages
線虫は今日まで、基本的な生命現象の多くを解き明かしてきた。酵母ではできないこと、マウスではできないことが線虫では可能だ。シグナル伝達、アポトーシスから、発生・分化、神経機能研究まで、線虫研究のすべてをまとめた待望のレビュー集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information